【ピアニストを目指すなら】ピアノ教室の体験レッスンを受けてみよう

様々なコースがあります

楽器

スタッフ育成もあります

日本は、日常生活で様々な音楽に慣れ親しむ機会の多い社会です。したがって、音楽業界に就職することで、更に音楽を楽しみたいと考える日本人は少なくありません。しかし、企業に就職する場合と違って、歌手や演奏家のように音楽を活用して仕事にすることは簡単ではありません。音楽は基本的に評価の難しい分野ですから、専門職に従事するためには高い技術が要求されるからです。そのため、音楽専門学校へ入学して、専門教育を受けることが一般的です。音楽専門学校は、音楽に関わる幅広いコースを設置しています。音楽専門学校で最も主要なコースは、歌手を養成するボーカルコースです。発声手段や歌唱力、表現方法等を身に付けるための授業が受けられます。実践的な技術を適切に教える観点から、プロとして活動している歌手が講師をしている事例は少なくありません。また、楽器を扱う演奏家を育成する場合も基本的に同様ですが、楽器の種類は非常に豊富です。したがって、音楽専門学校は、各楽器毎にコースを用意していることが大半です。ただし、特定の楽器だけを専門的に教えている音楽専門学校も、数多く開校しています。音楽表現の一環として、ダンスを教えるコースも、主要分野の一つです。また、発表する楽曲の作成を目指す場合に対して、作詞や作曲の方法を教えるコースがあります。更に、楽曲の発表をサポートするスタッフを育成するために、音響やイベント関連のスタッフの育成コースも増えています。